タイのウボンラット王女、党首相候補に

タイのウボンラット王女、党首相候補に 恋チュン話題
以下は、記事の抜粋と動画です。


タイのタクシン元首相派の政党の一つ、タイ国家維持党は2月8日、3月24日の総選挙に向けた党の首相候補として、故プミポン前国王の長女でワチラロンコン現国王の姉のウボンラット王女(67)を届け出た。王室関係者が、特定の政党の首相候補になるのは極めて異例だ。

一方、タイ軍事政権のプラユット暫定首相も同日、親軍政政党の首相候補となることを受諾した。

今回の選挙は2014年のクーデター以降、4年以上も続く軍事政権からの民政移管に向けたもの。プラユット氏を選挙後に正式に首相に就けることで軍主導の政権の継続を目指す親軍政勢力と、対立するタクシン元首相派を軸にした争いになるとみられてきた。

だが、タクシン派がウボンラット王女を首相候補にしたことで、選挙の構図は一変しそうだ。タイでは王室は批判してはならない対象とされ、選挙でもタクシン派への批判や攻撃がしにくくなる。有権者の票が一気にウボンラット王女を立てた勢力に流れる可能性がある。

ウボンラット王女は外国人と結婚して王室の籍から離れたが、離婚してタイに戻った後は王室メンバーとしての扱いを受けている。慈善事業に熱心で、最近ではAKB48のタイの姉妹グループBNK48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を歌い踊る動画が話題になった。


私は、インラック首相が退陣に追い込まれる直前、大通りをデモ隊が占拠する状況のバンコックを訪れたことがあります。その時、多くの大学関係者は反タクシンで、デモに参加したりしていました。その後の軍によるクーデターも大学関係者の多くは支持していたようです。同時に、彼らの多くは王室の支持者でもあり、プミポン国王が無くなった時にはフェイスブックのページを黒枠にしたりしていました。

おそらく、軍事政権は、自分たちが主導権を持った形で民政移管への選挙ができると読んで、今回の選挙に踏み切ったようですが、タクシン派は王女を担ぐという奇策で状況を逆転しようとしているようです。

当時は、王位継承権1位でしたが奇行の多いワチラロンコン皇太子(現国王)よりも次女のシリントーン王女に人気があったことは記憶していますが、長女がいて、外国人と結婚したことによって王族籍が消滅していたとは知りませんでした。タクシン派の根強い人気と王族の人気が結びつけばウボンラット王女が次期首相選に勝つ可能性は高いと思います。

タイが再びインラック首相時代のような混乱に陥らないことを祈ります。この王女、とても良い声でピッチも安定していて歌も上手いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする