コリンエステラーゼ阻害薬は軽度の認知障害および軽度のアルツハイマー病認知症には効果がない可能性

軽度アルツハイマー病に対するコリンエステラーゼ阻害薬のベネフィット
製薬メーカーに対する遠慮からか、この記事のタイトルは、元論文の”Cholinesterase Inhibitors May Not Benefit Mild Cognitive Impairment and Mild Alzheimer Disease Dementia(コリンエステラーゼ阻害薬は軽度の認知障害および軽度のアルツハイマー病認知症には効果がない可能性がある)”よりもかなりマイルドになっていますが、日本でもドネペジル(アリセプト®)、ガランタミン(レミニール®)、リバスチグミン(イクセロン®、リバスタッチ®)などのコリンエステラーゼが認知症に多く用いられている現状を考えると重要な論文だと思います。以下は、記事の抜粋です。


アルツハイマー病による軽度認知障害(MCI-AD)および軽度のアルツハイマー型認知症(ADdem)に対するコリンエステラーゼ阻害薬(ChEI)の認知機能アウトカムについての報告。

対象は、MCI-AD(臨床認知症評価法[CDR]:0または0.5)もしくは軽度ADdem(CDR:0.5または1)と臨床的に診断された2,242例。

主な結果は以下のとおり。
・ChEI使用患者の割合は、MCI-AD群944例中34%、ADdem群1,298例中72%。
・MCI-AD群、ADdem群ともに、認知機能低下はChEI使用開始後に、より大きかった。
・MCI-AD群、ADdem群ともに、ChEI使用患者では、非使用患者よりも早く認知機能低下が認められた。

著者らは「本研究は、ChEI使用がMCI-ADおよび軽度ADdemの認知機能を、改善しない可能性があることを示唆している」としている。


抗認知症薬とされている薬を使った方が、認知機能の低下が早くかつ大きいというのは大変な結果だと思います。

関連記事
アルツハイマー病治療薬・フランスで医療保険から外れる

医療関係者の間では、こういう情報があふれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする