電子レンジ熱傷の原因となる食材は!?

電子レンジ熱傷の原因となる食材は!?
電子レンジでチンして火傷を負うことは良くあることかもしれませんが、医療機関に運ばれるほどの火傷を追うことは多くないようです。以下は、その少数の例を紹介する論文の紹介記事の抜粋です。


今回は、電子レンジ熱傷の世界では最も新しいと思われる、2016年に報告されたケースシリーズを紹介しましょう。これは、英国の熱傷センターで後ろ向きに「電子レンジ熱傷」を集めたものです。6年間で、たった8例しか見つかりませんでした。

8人のうち、4人がジャガイモ、4人がたまごでした。すごい! 引き分け! 基本的に熱傷面積は体表の2%未満と狭いエリアで、受傷者の平均年齢は41歳でした。6人(75%)に眼外傷がみられました。爆発した食材が眼に飛んできたのです。1人は永続的な視力障害を残してしまったそうです。


元論文のタイトルは、”Facial burns from exploding microwaved foods: Case series and review”です(論文をみる)。

タマゴが爆発するのは何となく理解できますが、ジャガイモが爆発するのは意外です。ネットで調べると、以下のサイトのように、ジャガイモを電子レンジで加熱して調理する方法がたくさん紹介されています。
じゃがいもをレンジで加熱!正しい時間は?蒸すなら何分?

改めて実験する気にもなりませんが、ネットで紹介されている方法では、すべてチンする前にジャガイモをラップで包んでいます。この辺りが、安全策なのかもしれません。

一方、タマゴの場合は、ラップに包んだとしてもレンジに入れてチンすることは危険です。ゆでタマゴを作りたいときは以下の記事を参考にしてください。

関連記事
電子レンジで簡単!ゆで卵
電子レンジで簡単!ゆで卵 その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする