リリースされたばかりのApple Watchの心電図機能でさっそく命を救われる事例が報告される

リリースされたばかりのApple Watchの心電図機能でさっそく命を救われる事例が報告される
以下は、記事の抜粋です。


2018年12月7日、AppleがApple Watch向けOSの最新バージョンである「watchOS 5.1.2」をリリースしました。watchOS 5.1.2の最大の特長は「心電図(ECG)」アプリのリリースだったのですが、さっそくこの心電図アプリがApple Watchユーザーの命を救ったと話題になっています(記事をみる)。この心電図アプリは記事作成時点ではアメリカおよびアメリカ領でのみ配信されているものです。

ユーザーのedentelさんは、配信された心電図アプリを使ってみたところ、自身が心房細動であるという結果が表示されたそうです。何度やってもアプリは心房細動という通知を出してきたとのこと。「心房細動」という通知を信じられなかったedentelさんは、自身の妻に心電図アプリを使ってらったそうです。妻は正常な結果しか表示されなかったため、ようやく病院へ向かうことを決めます。

病院でedentelさんは「Apple Watchが自身が心房細動だと示している」と説明し、精密検査を行ったところ、ここでも心房細動であると診断されたそうです。

なお、Apple Watch Series 4の心電図アプリはユーザーの心臓を1日を通して定期的にチェックし、通常よりも高い心拍数や低い心拍数を検知するとアラートを表示してユーザーに危険を通知します。

Apple Watchが記録したedentelさんの心電図

 

心電図アプリがリリースされた直後にさっそく心房細動を検出し、ユーザーに命の危機を知らせることに成功したというのは驚きです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする