ベンジャミン・フランクリン効果

あなたを敵(苦手)と思っている人に、あなたを好きにさせるには?シンプルな心理トリック「ベンジャミン・フランクリン効果」
これは、使えそうです。以下は、記事の抜粋です。


あなたを敵と思っている人に好意を持ってもらうにはどうすればよいのか?こんな心理トリックを使う手もある。

その心理トリックとは、18世紀のアメリカの政治家・物理学者のベンジャミン・フランクリンにちなんだ、「ベンジャミン・フランクリン効果」を利用したものだ。

あなたが苦手だなと思っていたり、厄介だなと思っている人(敵)がいるとしよう。なら、その人にちょっとした頼みごとをしてみるのだ。

すごく大変な頼みごとではなく、普通なら断られないようなごく簡単な頼みごとだ。ペンを貸して欲しいとか、彼らの専門とする分野についてちょっとアドバイスをして欲しいでもいい。

そしてお礼は必ず言うこと。電話やメールでしてもいいが、できるなら直接伝えた方がいい。これだけだ。心理学の研究によれば、非常に効果的であることが分かっている。

人の心は、自分が助けた相手のことを味方と感じるようにできているそうだ。それが憎むべき相手だったとしても、助けてしまうと少し親近感を感じるようになる。人に手を貸したとき、その人に費やした自分のエネルギーや時間を正当化しようという心理が働く。

これを心理学用語で認知的不協和と言うのだが、そのために心はその人を仲間というカテゴリーに区分するのである。この心理的な仕組みを知っておけば、わだかまりをこじらす前に対処できるかもしれない。


私の場合、この効果をもっと早く知っておくべきでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする