JT「プルーム・テック」、紙巻タバコより「健康懸念物質」99%低減…ニコチンは「健康懸念物質」ではないの?

JT「プルーム・テック」、紙巻タバコより健康懸念物質99%低減…臭気濃度1%未満に
以下は、JTの製品宣伝そのものの記事の抜粋です。


日本たばこ産業(以下、JT)は11月9日、同社が販売する加熱式タバコ「プルーム・テック」を使用することによる、体内に取り込まれる健康懸念物質の体内曝露量に関する調査結果を発表した。16種の成分に関して調査したところ、紙巻きタバコ使用時に比べると、プルーム・テック使用により多くの成分の体内曝露量が大幅に低減できると同時に、禁煙した場合と同等の水準まで低減できたとした。

研究は、北里大学教授である熊谷雄治氏の協力のもとで実施された。プルーム・テックを「リスク低減の可能性のある製品であり、タバコ業界のイノベーション」と語るJTの福地淳一執行役員渉外企画室長に話を聞いた。

――プルーム・テックは紙巻きタバコと比較して、ニコチンやタールのような健康懸念物質を低減できるとの調査を発表されました。この調査結果を踏まえ、紙巻きたばこや他社製品との比較についてお聞かせください。

福地淳一氏 まずニコチンは過剰に摂取した場合には、頭痛や吐気を引き起こすことがありますが、通常の紙巻きタバコでの喫煙量であれば影響が少なく、慢性的な健康影響を考えた場合、基本的にタールのほうに問題があります。紙巻きタバコは燃焼に伴ってタールが発生しますが、プルーム・テックは燃焼による煙は発生しないので、タールが排出されません。過去に行った調査でも、プルーム・テックからWHOが懸念する9つの物質がほとんど検出されなかったのは、燃焼による煙が発生しないことに起因すると思います。紙巻きタバコと比較して、これら健康懸念物質を99%低減できた意味は大きいです。


「紙巻きタバコと比較して、ニコチンやタールのような健康懸念物質を低減できるとの調査を発表」という質問に対して、タバコに含まれるニコチンは健康上問題がないという答えをして、タールに含まれる「健康懸念物質」が99%低減できたと主張しています。ニコチンは減っていないのでしょう。

タバコの問題は、ヒトをニコチン中毒という蟻地獄に堕として、抜けられないようにすることです。フィリップモリス社のiQOSと同様、タバコを燃やさないでタールを減らし、ニコチンを吸えるようにしたものが電子タバコです。タバコ会社は、「肺がんにはならないけれど、止められない」商品で、国民からお金を搾り取ろうとしているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする