われわれ韓国人が手を差し出すべき日本人もいる

われわれ韓国人が手を差し出すべき日本人もいる
以下は、記事の全文です。


男性アイドルグループ防弾少年団(BTS)のメンバーが着たキノコ雲のTシャツの写真を見て、多くの韓国人が痛快さを感じたようだ。関連ニュースに寄せられたコメントを見ると、「日本はもう1発食らうべきだ」「侵略者にそれくらいしてもいいじゃないか」「愛国心によるものなのに、何が問題なのか」と書かれていた。そうしたコメントを書き込んだ人々は、原子爆弾には「目」がないということを見落としている。

原爆は目、つまり照準が必要ない武器だ。1945年8月6日に米軍の爆撃機B-29が広島に落とした原爆は、約8000メートル降下して上空550メートルで爆発した。その1発の爆弾で広島市民16万人が死亡した。同月9日の長崎では7万人が死亡している。日本が太平洋戦争を起こし、アジアの国々にも深刻な被害を与えたのは事実だ。しかし、その国で生まれたからと言って、戦争とは無関係な人々まで無差別に殺してもいいわけはない。

広島で死んだ人々の中には高宗の孫・李ウ(ウ=かねへんに禺、1912年-45年)もいた。朝鮮王族では唯一の犠牲者だ。李ウは強要により日本の将校となったが、広島に勤務せよとの命令を拒否し、除隊を要求して連れて行かれてから1カ月もたたないうちに被爆した。顔や胸にやけどを負った状態で発見され、一晩中うなり声を上げていたが、翌日遺言を残さずに息を引き取った。偶然ではあるが、ソウルで葬儀が行われた日に祖国の光復(日本による植民地支配からの解放=日本の終戦)を迎えた。このような複雑な事情を抱えて死んだ人は1人や2人ではないだろう。広島と長崎で絶命した朝鮮人は約4万人で、2400人は被爆時の傷を抱えたまま生きている。防弾少年団のメンバーであるその若者は、こうした事情を知らずにあのTシャツを着たのだろう。そう信じたい。

韓日両国には、好ましくないことが起こるたびに「待ってました」とばかりに飛び付き、あらゆる嫌悪の言葉を吐き出して憎悪をあおる人々がいる。今回もそういう人々がご多分に漏れず登場した。強制徴用被害者(徴用工)の賠償判決が出た直後ということで、いっそう激しさを増している。「嫌韓」という表現だけでは気が済まないのか、「大嫌韓」「超嫌韓」と書かれたプラカードを掲げ、「韓国と断交せよ!」と叫ぶ。傷口に薬を塗るのではなく、つめで引っかき回してもっとひどくしてやろうと考える人々だ。そういう人々がいるのは日本だけではない。韓国でも待っていたかのように頭に血を上らせる人が相次いだ。メンバーが着ていたTシャツをこれ見よがしに完売させ、日本を刺激した。愛国心が「盲目的民族主義」という服を着れば、血統問題を持ち出して命を差別する。

11日にフランス・パリの凱旋門前で、第一次世界大戦終結100周年の記念式典が行われた。前日、ドイツが降伏した地を訪れたマクロン仏大統領とメルケル独首相は、全世界が見守る中、手を取り合ってハグをした。マクロン大統領は「民族主義と愛国を混同してはならない」と言った。同大統領は間違った民族主義を過去の悪霊だと規定、その悪霊が望むのは「互いに対する恐怖だ」と述べた。これは、歴史問題にとらわれている韓日両国にもそっくりそのまま当てはまる言葉だ。

日本は多様な声が存在する民主国家だ。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に端を発する中国の「限韓令」には、異なる声が割り込む余地がなかった。だが、「嫌韓流」は日本から上がっているさまざまな声の1つに過ぎない。その声にカッとなれば、両国関係の悪化を望む人々が仕掛けた「わな」にはまることになる。広島平和記念公園には韓国人原爆犠牲者慰霊碑が建っている。もともとは同公園の外にあった。その慰霊碑を公園の中に建てられないようにしたのも日本人だし、そうした人々と闘って慰霊碑を公園内に移し、共に追悼したのも日本人だ。防弾少年団はきのうの東京ドームを皮切りに、大阪・名古屋・福岡でドーム公演を行う。全席売り切れだそうだ。両国の不和を狙って1年前の動画を見つけ出し、邪魔しているのも日本人だが、防弾少年団のコンサートチケットを完売させて歓迎しているのも日本人だ。どちらの日本人に我々が手を差し出し、その手を取れば、歴史問題の痛みを乗り越えられ、未来への扉を開けるのかは明らかだろう。金泰勲(キム・テフン)出版専門記者


ネット上には、「原爆Tシャツ」以外にも防弾少年団(BTS)の過去の活動を掘り返し、「原爆写真が背中にプリントされた原爆ブルゾンを着ていた」「ユニセフのイベントに原爆型の看板を持ち込んだ」「MVで東日本大震災の被害者を愚弄していた」「ナチスの制服に似て見える衣装をステージ上や雑誌撮影で着ていた」などと、次々と新しいバッシングが展開されているそうですが、ほとんどがデマや無理なこじつけだそうです(記事をみる)。

これらのバッシングを展開しているヒトは、「原爆」や「ナチス」について考えているのではなく、BTSを使って韓国叩きをしたいだけです。BTSは嫌韓のための単なる道具に過ぎないのに、あたかも「社会的な正義」であるかのように変換され、どんどん広まっている。これに大手メディアなどのワイドショーなどが火に油を注いでいるのが悲しい。

日本のメディアは、浅薄なセンセーショナリズムに走らず、「ビルボード総合アルバムチャート2作連続1位」という東アジアのグループが歴史上誰もなし得なかった偉業を(しかも、英語ではなく韓国語で歌ったアルバムで)達成したBTSをもっと冷静に扱ってはどうでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする