2足歩行ロボ「Atlas」がまたまた進化して、忍者スポーツ「パルクール」に挑戦

2足歩行ロボ「Atlas」、忍者スポーツ「パルクール」に挑戦
以下は、記事の抜粋です。


ソフトバンク傘下の米ロボット企業Boston Dynamicsの2足歩行ロボット「Atlas」が走りながら障害物をよけ、段差が40センチある3つの台に飛び乗る動画が公開された。

動画の説明には「Atlasはパルクールをします」とある。パルクールとは、走る・跳ぶ・登るといった移動に重点を置く動作を通じて、心身を鍛えるスポーツ(日本パルクール協会の公式サイトより)だ。

Boston Dynamicsは、Atlasのほか犬型ロボット「BigDog」や「SpotMini」、車輪付き2本足ロボット「Handle」などを開発するロボット企業。MIT発のベンチャーで、2013年にGoogleが買収。17年に米Alphabet(Googleの持ち株会社)がソフトバンクグループに譲渡した。

Atlasの商品化時期は不明だが、同社はこうした動画を過去にも何度か公開している。犬型ロボットの「SpotMini」は2019年に発売する計画だ。


以前、バック転野外走行を紹介したBoston Dynamicsの2足歩行ヒト型ロボット”Atlas”がまたまた進化しました。

Boston Dynamicsは、アメリカの国防高等研究計画局 (DARPA、Defense Advanced Research Projects Agency) の支援の下、いろいろなロボットを開発してきた会社です。いかにも軍事に応用できそうなものを作っている感じがするのですが、Googleからソフトバンクの傘下へ移る時に何か問題はなかったのでしょうか?

関連記事
ロボットが2本足で野外を走る!
バック転できるヒト型ロボット”Atlas”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする