スマホのバッテリーは好きなタイミングで充電しよう

「スマートフォンを充電し続けるとバッテリーが劣化する」は迷信か?
以下は、記事の抜粋です。


バッテリーは好きなタイミングで充電しよう
スマートフォンは好きなタイミングで充電すればいいのです。スマホのリチウムイオンバッテリーは、電池残量が10%なのか80%なのかなんて気にしていません。どのタイミングで充電しても、バッテリー寿命が短くなったりはしないのです。

信じられない? そういう人もいるでしょう。しかし、これはAppleの公式見解なのです。

Appleのリチウムイオンバッテリーは、いつでも好きな時に充電できます。再充電の前に電力を完全に使い切る必要はありません。またAppleのリチウムイオンバッテリーは、繰り返し充電して使えます。

バッテリー容量の100%に相当する電力を使い切ると(放電すると)1回の充電サイクルを完了したことになりますが、必ずしも1回の充電ごとにすべてを使い切る必要はありません。

リチウムイオンバッテリーは、充電を繰り返すと充電できる容量が減っていくというのは事実です。しかし、Appleが説明するように「リチウムイオンバッテリーなら、充電サイクルを完了するごとに減る容量はわずか」なのです。

ですので、バッテリー寿命を気にして、バッテリーをわざと使い切ろうとしているのだとしたら、むしろ逆の効果を与えていることになります。バッテリーを無理に使って、不必要に充電サイクルを増やすことはもうやめてください。ふつうに充電すればいいのです。

スマートフォンを夜間に充電しっぱなしにすることについて
すべてのユニットに、フル充電になると充電を止めるチップが内蔵されています。ですので、正規の小売店から買ったスマートフォンであれば、夜のあいだ充電器につなぎっぱなしにしても問題ありません。


私も、スマホやパソコンのバッテリーとその充電方法について、いろいろな迷信が断言されるのを聞いてきましたが、結局今までのところ、バッテリーがダメになるころにはスマホが古くなって使えなくなり、バッテリーを心配したことが無駄になることを繰り返してきました。

今後は、バッテリーの充電方法について悩むことはないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする