金足農業全力校歌斉唱

音楽的にはまったくダメなのでしょうが、変に感動してしまいます。ところで、この校歌を作曲した岡野貞一という人は、「菜の花畠に入り日薄れ」の朧月夜春が来た春の小川、「お腰につけたキビ団子」の桃太郎、「秋の夕日に照る山紅葉」の紅葉、「ウサギ追いし」の故郷などの有名な童謡や唱歌を作曲したそうです。ただ、金足農業以外にも60校ほどの校歌も作曲しているそうなので、どれも名曲という訳には行かないと思いますが、、、いずれにしても、NHKや朝日新聞の利益のために吉田君の肩が壊れないことを祈ります。

下は、昨日の試合の2ランスクイズから全力校歌斉唱を経て退場までの動画です。

関連記事
高校野球という児童虐待がなくならない理由は?
25歳未満のピッチャーは、週100球以上の投球で肩障害リスクが6.5倍になる
「日本の高校野球は『児童虐待』」なのか?―球数制限の医学的根拠について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする