全医学部に聞いてみた。男女の合格率、大学でこんなに違う

全医学部に聞いてみた。男女の合格率、大学でこんなに違う【独自調査】
以下は、記事の抜粋です。


東京医科大の事件を受け、2018年度入試のデータで分析。

東京医科大入試の女性差別問題がきっかけで、医学部入試での男女比の偏りが指摘されている。東京医科大を受けた受験生の合格率を男女別にみると、実際どの程度の開きが出ていたのだろうか。そして、ほかの大学の男女別の合格率はどうだったのか。

ハフポスト日本版は、医学部のある81大学(共学)に、医学科一般入試の男女別の受験者数と合格者数を請求、回答のあった76大学のデータを元に、男女別の「合格率」(合格者数/受験者数)を割り出し、さらに男子を「1」とした場合の女子の合格率を比べた。

すると、最も女子の合格率が高かった島根大(1.64)から、女性差別入試で揺れている東京医科大(0.33)まで、同じ医学部でも、女子の合格率に大きな差が生じていることが分かった。


我が母校では、いろいろと男子を増やそうとする動きがあったような気がしますが、結果は、女子の合格率が男子を上回っていました。

おそらく、阪神間の優秀な女子の親は、娘が下宿が必要な有名大学に入学するよりも、地元にいて欲しいと思うのだろうとか、あまり浪人したくないとか考えるので、女子の受験者の方が男子よりも優秀なのではないかなどと考えました。

以下のような記事をみても、単純に合格率を比較するのではなく、受験する男女間の学力差を考える必要があると思います。
医学部の男女差を「合格者数」「合格率」で比べる馬鹿が多い件について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする