低用量アスピリンの心血管イベント予防効果は、70㎏以上のヒトでは消失する

アスピリンの効果、用量や体重で大きな差/Lancet
以下は、記事の抜粋です。


アスピリンの血管イベントやがんの抑制効果には、用量や患者の体重によって大きな差があり、良好な効果を得るには、より個別化された治療戦略を要することが、明らかとなった。全例に同一用量を一律に投与するone-dose-fits-allアプローチでは、アスピリンの長期的な心血管イベントの予防効果はわずかであり、標準的な用量は体が大きい患者には過少で、小さい患者には過剰であることが報告された。

研究グループは、心血管イベントの1次予防におけるアスピリンの有用性を評価した無作為化対照比較試験の個別患者データを用いて、患者の体重別(10kgごと)、アスピリンの用量別(低用量:≦100mg、高用量:300~325mgまたは≧500mg)の効果について検討した。

低用量アスピリンの1次予防試験の統合解析では、75~100mgのアスピリンによる心血管イベントの抑制効果は、体重が増加するに従って低下した。体重50~69kgの集団ではベネフィットが認められたのに対し、体重が70kgを超えるとベネフィットは消失した。

高用量アスピリン(≧325mg)では、体重との間に低用量とは逆の関連がみられ、心血管イベントの抑制効果は、体重が最も重い集団のみで認められた。


大腸がんの長期的なリスクの低減効果も、有害作用もすべて体重依存性が確認されたそうです。すべての薬物は体重依存性ですので、当然と言えば当然ですが、低用量アスピリンを飲んでいる体重70㎏のヒトの数を考えるとショッキングな報告だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする