オンライン服薬指導、慎重に検討すべき‐‐‐日本薬剤師会が規制改革会議答申で見解

【日薬】オンライン服薬指導、慎重に検討すべき‐規制改革会議答申で見解
以下は、記事の抜粋です。


日本薬剤師会は5日、政府の規制改革推進会議が4日にまとめた規制改革推進に関する第3次答申で、「対面での服薬指導とオンラインによる服薬指導の組み合わせ」の実現を求めていることに対し、「慎重に検討すべき」との見解を示した。

調剤された薬剤の使用に当たっては、「薬剤師が患者と対面により服薬指導を行うことが、安全な薬物療法を確保するうえで極めて重要」と強調。その上で、医療機関や薬局を訪問することが困難な患者に対しては、「薬剤師が積極的に患者宅を訪問することで対応する必要がある」との認識を示した。


「慎重に検討すべき」というのは、「反対」というのを言い換えただけですね。なぜ対面販売が重要と考えられるのか?対面する目的が現在どの程度達成されているのか?オンラインだとその達成度が本当に下がるのか?、それをカバーする方法はないのか?などの検討をすぐにしないと、既得権益を守ろうとしているだけだと思われます。

関連記事
処方薬、ネットで服薬指導・受け取り 通院負担軽く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする