西城秀樹さんの訃報で振り返る~水を飲まずにサウナ、3箱強のヘビースモーカーが招いた脳梗塞

西城秀樹さんの訃報で振り返る~ヘビースモーカーが招いた脳梗塞
以下は、記事の抜粋です。


歌手の西城秀樹さんが5月16日、「急性心不全」で亡くなった。48歳で「脳梗塞」を発症。15年間に及ぶ闘病生活の末の享年63。

西城さんは、「健康に関して人一倍自信を持って」おり、40代からは自己の理想体重(68kg)を保持するため、野菜料理を中心に栄養バランスに慎重さを喫したという。

体型、体力維持のためにトレーニングも真剣に取り組んだが、「そこに落とし穴があった」と、脳梗塞の原因について本人は述懐している。

「水分を極力控えていたことが血液の成分を濃くして、脳梗塞の引き金になってしまった。僕の病気は脳の細い血管が詰まる<ラクナ梗塞>で、若い人でも発症しやすい。」(週刊プレイボーイでの激白)

広島市立安佐市民病院・名誉院長の岩森茂氏は、自身の禁煙コラムで、西城氏について以下のように書いている。

《彼は水を飲まずに入るサウナの常連で、当然脱水症状も起こすわけであり、その上に1日3箱以上のヘビースモーカーで、歌手としては一般常識に欠ける人であったようだ。》

《平成13年におそらく喫煙害と思われる二次性多血症で入院したこともあり、これと脱水症状が脳梗塞の大きな誘因になったと思われる。》《なおさらに高Hb血症状態にあり、脱水症状と喫煙による血小板活性化が拍車をかけて、脳梗塞へと進展したものと解釈される。主治医による即禁煙指導は当然のことであろう。》

各メディアは追悼特集を組むことだろう。その際に脱水症状への警鐘をはじめ、「1日3箱以上」のヒデキ秘話をどれだけ報じられるかも注視したい。タバコメーカーへの忖度が機能しかねない世界ゆえ……。


西城さんがヘビースモーカーとは知りませんでした。タバコが体に悪いことは間違いないですが、サウナが体に悪いかどうかは、議論のあるところです。しかし、水を飲まずにサウナというのは脱水になるので、タバコを吸わないヒトもしない方が安全です。日本の場合、タバコー農家やタバコメーカーへの忖度はありそうです。

関連記事
サウナで汗と一緒に毒素も排出されるというのは、都市伝説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小原恒一 より:

    >「水分を極力控えていた」

    何のために水分を控えていたんでしょう?