大相撲にはなぜ女人禁制というルールがあるのか?

神事を知らない日本国民 相撲が女人禁制なのは「穢れている」からではありません!
「女性の方は土俵から下りてください」 大相撲にはなぜ女人禁制というルールがあるのか?
これら2つの記事を書いているMr.tsubaking氏と黒川明氏によると、相撲の土俵が女人禁制なのは、女性が「穢れている」からではないそうです。以下、その説明を抜粋して紹介します。


土俵が女人禁制なのは、相撲のもとの形が神事だったことに由来します。その神事は五穀豊穣を祈るもので、対象となった神様が女性神であったために、屈強な男を使い、喜ばせたのがはじまりだと言われています。その場に、ほかの女性があがると神様が嫉妬するというのが、土俵が女人禁制になった理由です。(諸説あります)


残念ながら、出典などの根拠が示されていないので、どこまで信じて良いのかは不明ですが、おもしろい説だと思います。特に「女性が不浄である、あるいは穢れている」などが理由でないとすれば、今回の相撲協会がとった措置は、Mr.tsubaking氏が書いているように、今回の事件は「相撲が神事として死んでいることを表している」と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする