「体温を上げて免疫力アップ」はウソ!!

「体温を上げて免疫力アップ」は本当か
以下は、記事の抜粋です。


「体温を上げると免疫力がアップする」という話を聞いたことがありませんか。何でも、体温を1度上げると免疫力は5~6倍になるんだそうです。逆に体温が1度下がると免疫力は30%低くなるとも言われています。本当でしょうか?

数値が具体的なので、何らかの方法で免疫力を測定しなければそのようなことは言えないはずです。しかし、「体温を上げて健康に」と称する本を何冊か読んでみても、具体的な研究について言及しているものは見つけられませんでした。読者の中で「体温を1度上げると免疫力は5~6倍になる」とする研究をご存知の方は教えてください。

免疫細胞の数や機能、分泌されるたんぱく質の量を測定して、体温との関係を調べることはできます。しかしながらそうした手法では免疫系全体のごく一部しか見ることができず、軽々しく「免疫力が○倍」などとは言えません。

細菌やウイルスに感染すると発熱するのは、生体の防御的な機構です。また、低体温療法といって脳保護を主な目的に体温を32~34度に下げる治療を行うと感染症にかかりやすくなります。このあたりの事実が「体温を上げると免疫力がアップする」という話の元ネタではないかと推測します。しかし、普通の生活をしている人の平熱を上げて免疫力がアップするかどうか、ましてや健康になれるかどうかは別の問題です。「体温を上げると免疫力がアップして健康になる」という話には、現時点では、医学的根拠はありません。


確かに、以下のような怪しいサイトはたくさんありました。
体温+1℃で免疫力は5~6倍あがる?!温めて病気予防!

また、以下のような怪しい本もありました。

「体温を上げると健康になる」
齋藤 真嗣
サンマーク出版(2009・3・25)
売り上げランキング: 32,956

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする