自閉症などの発達障害を食事やミネラルで改善しましょうという「フェイクニュース」には気をつけて

発達障害を食事やミネラルで改善しましょうというお話には気をつけて
以下は、記事の抜粋です。


先日、食事にミネラルを取り入れることで、発達障害やアレルギーの改善に取り組んだでいる団体の講演を紹介した新聞記事を見かけました。

2018年にもなってこのような取り組みがマスメディアで好意的に採り上げられるというのは本当に哀しく、悔しい気持ちでいっぱいであり、今回の記事を書きます。

発達障害の治療は確立されていない
自閉症などの発達障害は現在のところ治療法は確立されておりません。早期に心理・社会的な介入を行うことで、本人が混乱せずに過ごすことや社会との良好なかかわりが持てるようにし、自尊心を持ち落ち着いて暮らせることで周辺症状を予防することが今のところ妥当性の高い対処法と考えられております。

「○○の使用で病態改善の兆し、自閉症の治療に光明」というようなニュースがたまに話題になりますが、実際の治療に用いられる段階にあるものはありません。

先進の医療でもこの状況であり、食事による発達障害の改善は期待できません。妥当性の高い研究(エビデンスレベルの高い論文)でもそのような効果は報告されていません。

昔よりも理解が広まってきたのかな、と思っていたところ、新聞にそのような記事が載るのをみて、本当に哀しく思いました。

発達障害と食事
発達障害と食事については、こうした誤った話が広まらないためにも、私達専門家は、キチンと論点を整理した情報発信をすることが必要だと思います。発達障害を持つ子にとって、食事は本当に大切です。しかし、それは治療のためではありません。

ワクチンで自閉症という捏造論文により、ワクチン接種率が下がったという生命にも関わる問題が過去には起こったことがありますが、これが広まったことにもマスメディアが関係していました。子どもの健康に関わるような重大な問題について記事については、しっかりと調査し、掲載について慎重になってもらいたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


私もまったく同感です。以下が、上の記事で批判されている中日新聞の記事です。


発達障害 食で改善を 北陸の有志団体 提案へ金沢で来月講演会

発達障害など子どもに関わる問題について、食を通じて改善を図ろうと取り組む北陸地方の親世代の有志でつくる団体が二月、金沢市で講演会を開く。関係者は「多くの人が関心のある問題。足を運んで考えてほしい」と話している。

企画するのは、七尾市直津町のセラピスト大谷直美さんが代表を務め、問題に関心のある北陸三県の親たちが集まる「ハッピーミネラル」。食事にミネラルを取り入れることで、発達障害や食物アレルギーの改善につなげようと取り組んでいる。

講演会では、療育を目的とした支援施設の開設者や、農福連携で障害者の雇用創出を目指す団体代表者など四人のパネリストがそれぞれの分野から話す。

文部科学省が二〇一二年に、東日本大震災の被災地である東北三県を除いた全国の公立小中学校の児童、生徒約五万四千人を対象に実施した調査では、全体の6・5%に発達障害の可能性があるという結果が出た。

大谷さんは昨年九月にも羽咋市で同様の内容の講演会を開催したところ、大きな反響があり、今回さらにパネリストを増やして企画した。「子どものいる親たちの関心がとても高く、困っている人も多い。この機会に食を見直すことの大切さを考えてもらえれば」と話している。

講演会は二月十一日午後一時半から、県地場産業振興センター(金沢市鞍月)で開く。当日券は三千円、高校生以下は無料。前売り券は二千五百円で、家族や知人など複数人で申し込むと一人二千円になる。(問)大谷さん080(6352)0122 (松村真一郎)


これこそ、本当のフェイクニュースです。中日新聞に「フェイクニュース大賞」を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする