シベリアの淡水湖でうち寄せる波がそのまま凍り付く様子

シベリアの淡水湖でうち寄せる波がそのまま凍り付く様子
以下は、記事の抜粋と動画です。光景も音もとても不思議です。


ロシアのバイカル湖はユーラシア大陸最大の淡水湖で、冬期には氷厚が1メートルに達し自動車での移動が可能になります。よく見ると波で氷が押し出されれるように動いています。漏れ出した水はすぐに凍ってしまい、つららのようにとがった氷がビキビキと音を立てながら波打ち際で広がっている模様。


バイカル湖は冬の一番寒い時期でマイナス20℃ぐらいだそうです。シベリアやアラスカなどの他の寒い地域の湖でも同じような現象はみられるのでしょうか?バイカル湖の水質や深さなどによる独特なものなのでしょうか?ご存知の方がおられれば、お教えください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする