あの「腹筋運動」は腰痛の原因

「腹筋運動」は腰痛の原因 バスケ協会「推奨できない」
以下は、記事の抜粋です。


腹筋を鍛える運動としてよく知られる「上体起こし」。一般的に「腹筋運動」と呼ばれるこの動作を何度も繰り返すことが、腰痛の原因になるとして、やめさせる動きが、バスケットボール界などで広がってきている。

協会が参考にしたのが、カナダ・ウォータールー大のスチュアート・マックギル教授の研究だ。ひざを曲げた状態か、伸ばした状態かに関わらず、上体起こしで脊椎が圧迫される力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同等だとする研究結果を発表した。何度も繰り返すことで、背骨の間の椎間板を痛めるという。

一流選手に腰痛対策を指導してきた経験からも、「背骨の形状などによって個人差はあるが、力がかかった状態で腰を曲げ伸ばしするとヘルニアなどの障害が起きる。できるだけ背骨を摩耗しない方法で腹筋を鍛える方が腰痛のリスクは少ない」と話す。代わりに、腰は動かさずに腹筋を収縮させて胸部を曲げる「カールアップ」などを推奨している。


もっともらしい話です。しかし、この結論はあくまで推測です。我々の世代は、クラブ活動などで激しく「腹筋運動」をやったヒトが多いと思います。是非、「腹筋運動」と腰痛の関連を「後ろ向き研究」でもよいので調べて欲しいものです。

「カールアップ(curl up)」とよばれる運動にもいろいろあるようで、ほとんどあの「腹筋」と同じものまでありました。マックギル教授の写真(上の写真)にある、片膝を立てて、背中に手を入れる「マックギル・カールアップ」の動画がありましたので、以下に紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする