iQOSなどの新型タバコをめぐる戦い…呼吸器学会のコメントぐらいではフィリップモリス社には勝てない

新型タバコは健康被害をもたらさないか?受動喫煙の危険はどうか?
以下は、記事の抜粋です。


最近、IQOSのような新型タバコの愛好者が増えています。実は、IQOSの90%以上は日本で販売されています。IQOSは非燃焼・加熱式タバコのひとつで、葉タバコを直接加熱し、ニコチンを含むエアロゾルを発生させ吸引するタイプです。

ちなみに、アメリカでは FDAが、非燃焼・加熱式タバコについては、充分な安全性が確保されていないとして、認可されていません。

新型タバコによって健康被害がもたらされるかどうかについては、病気が発生するのに時間がかかるため、現時点では実際はどうかわかりません。

ただし、いろいろ推測する根拠があります。非燃焼・加熱式タバコ の見えない煙の中に、燃焼式タバコとほぼ同レベルのニコチンや揮発性化合物(ホルムアルデヒドなど)などの有害物質が含まれています。また、加熱によりエアロゾルを発生させる仕組みは、ニコチン以外の液体成分を分解し、結果として発癌性物質に変化することが指摘されています。従来型のタバコと同じ健康被害が出る可能性があります(日本呼吸器学会の見解)。

新型タバコは周囲の人々への受動喫煙の危険が指摘されています。煙が出ないとされていますが、特殊なレーザー光を非燃焼・加熱式タバコ使用者の呼気に照射すると、大量のエアロゾルを吐いているのがわかります。WHOの報告では、「電子タバコのエアロゾルに受動的にでも曝されると、健康に悪影響がもたらされる可能性がある」とされています。

このように新型タバコは、科学的には従来の燃焼式タバコと同様に健康被害をあると考えていただいた方がいいでしょう。特に呼吸器の弱い方や心臓の悪い方、子供や妊婦の周りでは、決して吸わないように、心がけてください。


以前の記事にも書きましたが、従来の燃焼式タバコからiQOSに替えたヒトの多くは、「タバコよりもiQOSの方が健康に良いと思う。」と答えています。真剣に自分の体や家族を心配してiQOSに替えているのです。「止めたら良い」というのは簡単ですが、ニコチン依存が強いヒトの場合はとても困難です。覚醒剤と同様、1本1,000円でもやめられないでしょう。

また、iQOSを売っているフィリップモリス社は以下のようなデータを公表しています。

●iQOSでは有害性物質は90%以上低減している
●iQOSでは毒性試験において毒性が90%以上低減している
●iQOSでは臨床試験において有害物質の暴露がかなり低減されている
●マウスにおいて、心血管系疾患のリスクが低下している

下の図も説得力があります。「権威のある?」学会の見解や医師が「いろいろ推測する根拠」ぐらいでは、フィリップモリス社のキャンペーンには勝てないと思います。

関連記事
iQOSなどの電子タバコ(加熱式タバコ)にも受動喫煙に相当する二次曝露が発生する
iQOS(アイコス)はタバコのリスクを減らしているのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする