人が信用できるかどうかを数値で評価するシステム「芝麻信用」

中国人の人生はアリババ次第? 信用情報機関「芝麻信用」の格付けが猛威
以下は、記事の抜粋です。


(中国では、)信用至上の社会が目前に迫っている。その信用審査の主役も今やアリババだ。その焦点“芝麻信用”の現状について伝える。

芝麻信用とは、アリババグループの独立した第三者信用情報機構である。2015年1月、中国人民銀行が設立準備を認めた8社の信用情報機構のうちの1つである。

芝麻信用は「身分特質」「履約能力」「信用歴史」「人脈関係」「行為偏好」の5項目について個々人の点数を算出し、総合点で格付けしている。

アリババのネット通販履歴、モバイル決済データ、ネット金融データ、さらに公安ネットなど公共機構のデータ、および協力機関のデータも加味した精緻なものだ。予約した配車アプリのキャンセル、水道光熱費などの未払いなど些細なデータも点数に影響を与える。

伝統的信用データではカバーしきれなかった、信用カードの無い者、学生、自由業者など、草の根の群衆までみなキャッチしてしまう。

点数は最低350点、最高950点で信用の高低を5つに分けて表現する。350-550を「較差」、550-600を「中等」、600-650を「良好」、650-700を「優秀」、700-950を「極好」と分類している。

600点以上の高い信用になると、さまざまな優遇策を享受できる。以下5つを紹介する。

1 シェアサイクルの保証金不要
2 雨傘の無料レンタル
3 電気自動車レンタルの保証金免除
4 貸本サービスも保証金不要
5 通話料後払い変更可

中国人の人生は、本当に芝麻信用の格付け次第になりつつある。支付宝でモバイル決済を抑えている分、Googleの個人情報蓄積よりも上位のレベルにあるだろう。


中国語で芝麻はゴマのことです。アリババの関連事業なので「アリババと40人の盗賊」の「ひらけゴマ」にかけて、明るい未来が開けるという意味を持たせているそうです。

上に紹介された特典以外に以下のようなものもあるそうです。
●アリババ系旅行予約サイトのホテル予約でデポジットが不要になる(600点)
●賃貸サイト「小猪短租」で敷金が不要になる(600点)
●提携ソーシャルファイナンスや消費者金融で審査がすぐに通ったり、一部サイトでは利率が下がったり、返済期限が延ばせたりする(600点)
●図書館やレンタカーサービスでのデポジットが不要となる(650点)
●北京空港の専用出国レーンが通れる(750点)
●ビザがとりやすくなる(シンガポール700点、ルクセンブルク750点)

要するに、人が信頼できるかどうかを数値で評価するシステムです。

芝麻信用は、中国の大手結婚仲介サイトの「百合網」や「世紀佳縁」にも使われていて、お見合い相手の芝麻信用スコアを表示してくれるそうです。企業の採用現場や住宅の賃貸契約を結ぶ際でも芝麻信用を参照するようになってきています。

「信用至上社会」は、アリババとその関連会社だけが目指しているものではなく、中国政府が大々的に推進する国策です。日本でも同じようなことが進んでいるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする