あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」
以下は、記事の抜粋とコンピューターに代わられる確率の高いとされる仕事の表です。


たとえばバーテンダーの仕事。これがコンピューターに代わられる確率は77%。そんな大胆予測を披露した論文が全世界で話題だ。論文の執筆者が語った、凄まじすぎる「雇用の未来」。

執筆者のオズボーン氏は語る。「経済の歴史を見ると、技術的進歩といえば、たいていは身体を使う手作業を機械化することを表していました。しかし、21世紀の技術的進歩は、これまで人間の領域とされてきた認知能力を必要とする幅広い仕事を機械化することを意味するのです。さらに、手作業についても従来は単純化できる作業だけが機械化されていましたが、今後はより複雑な作業まで機械化できるようになります」


我々の年齢は大丈夫だと思いますが、若い人は「高次元でクリエイティブなスキルを身につけられなければ、失業者に転落するリスクが大きい」ということですので、頑張ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする