「貧乏ゆすり」で変形性股関節症の疼痛が軽減するかも

貧乏ゆすり様運動の効果検証進む…変形性股関節症の疼痛が軽減
以下は、記事の抜粋です。


変形性股関節症(股OA)の保存療法としてジグリング(貧乏ゆすり様の運動)は早期からの疼痛軽減に有効―。こんな調査結果が10月20日に行われた第3回ジグリング研究会で明らかになった。今回発表されたのは、全国10施設の多施設共同研究のうち2施設からの中間報告。最終的な研究成果は今後の日本股関節学会で発表される予定だ。

川崎医大の三谷茂氏は、2016年11月~17年3月に同大学病院を外来通院中で、人工股関節置換術を希望しない進行期・末期股OA患者77例(36~77歳、男性7例、女性70例)を対象に、ジグリングを含む保存療法を2年間行った結果を発表。

保存療法は①ジグリング(貧乏ゆすり体操)を30分以上、できるだけ長時間続ける②カイロやサポーターなどでの保温③立ち上がりやしゃがみ込みの回数を減らす④腹筋と大腿四頭筋を鍛える―などを患者のモチベーションに応じて行うというもの。

その結果、関節裂隙が改善した症例は77例中12例(16%、図上)、股関節機能判定基準(JOAスコア)が改善したのは18例(23%、図下)だった。


まだ、研究会の中間発表という信頼性の低いレベルの発表ですが、なかなか興味深い結果なので紹介しました。

「貧乏ゆすり」とは、無意識に足踏みをしたり、指でコツコツたたいたり、オフィスの椅子で座り位置をかえたり――などの動きをすることですが、これが実は健康によいことが報告されています(記事をみる)。

具体的には、「長時間座っておりほとんど貧乏ゆすりをしない女性は、より活動的でそれほど座らない女性に比べて早期死亡のリスクが高かった。一方、たとえ長時間座っていても、中等度または非常に多く貧乏ゆすりをする女性では、早期死亡リスクは活動的な女性と同程度だと判明した。」という内容です。

日本では、「貧乏ゆすり」は悪癖とされ、私も以前はしていましたが注意されてやめてしまいました。健康のためには復活させた方が良いのかもしれません。

関連記事
「貧乏ゆすり」は健康によい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 「貧乏ゆすり」は「悪癖」だからやめさせるというより、
    「貧乏ゆすり」をしたくなるような歴史的身体の現状を考えて、
    整体を実施することが吉であろうと考えられます。