ペットとのキスはどれほど危険なのか?

ペットとのキスはどれほど危険なのか? なめられると多数の細菌が付着、死に至ることも
以下は、記事の抜粋です。


2007年、オーストラリア、ミルデューラにある病院に到着したジュリー・マッケナさんは、ほとんど話すことができず、両腕と両脚は冷えて斑点が出ており、顔は紫色になりつつあった。抗生物質の投与を始めても紫色の範囲は広がり続け、臓器不全が起こり始めた。ついには、腕と脚の一部が黒く変色し始めた。

血中の菌を医師たちが特定できた頃には、ジュリーさんの入院は2週間以上に及んでいた。菌はC. canimorsusといい、健康なイヌやネコの唾液に一般的に含まれるものだった。

その時、ジュリーさんは思い出した。数週間前に、左足の甲を熱湯でやけどしたのだ。飼っている子イヌがその傷をなめたときも、やけどのことは特に考えなかった。

イヌにかまれて感染症にかかる確率は約10~15%。ネコなら最大50%だ。ある研究では、C. canimorsusに感染したことが確認された人のうち、26%が亡くなったという。

すべてのイヌのうち少なくとも4分の1が保菌している。ただし、ヒトの体内には普通この菌はいない。最終的に抗生物質によって形勢は逆転したが、ジュリーさんは左脚の膝下、右足の一部、手足の指全体を切断せざるを得なかった。

研究者によれば、私たちがペット由来の感染症にかかる主な理由の一つは、ヒトが持つ細菌の生態系がペットのそれと大きく違っていることだという。したがって、イヌの口内にいる細菌の多くは、人体にもともといる細菌や免疫システムによって阻まれる可能性が低い。

動物に1度なめられると、人体には馴染みのない細菌が数百万も付着しうる。そして、その菌は数時間経ってもヒトの皮膚から検出されるという。


イヌやネコの唾液中には、ヒトの免疫系がうまく対応できない細菌などの病原体が潜んでいることが多いので、外傷や火傷などの皮膚バリヤーが障害された部位をイヌやネコに舐めさせることが危険であることが良くわかります。

ヒトの口や消化管にはそれなりのバリヤーがあるので、ペットとのキスは傷口を舐めさせるよりはマシかもしれません。それでも上記のように、イヌやネコの口腔内病原菌は、ヒトのものとは違うので、免疫系がうまく働かずに感染してしまうことがあります。ヒトとのキスは相手が感染症の保菌者でなければ問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする