風邪のときはお風呂に入って良い?

風邪の時はお風呂に入って良い?入浴してはいけない基準と注意点
以下は、記事の抜粋です。


風邪のとき入浴したほうが良いのかやめたほうが良いのかについては、医学的に検証されておらず何とも言えないのが現状です。

脱衣所も温め浴室との温度差を少なくした状態で、熱すぎない温度の風呂であれば、短時間の入浴は良いと言われることが増えています。ただし、高熱やだるさがある時は控えるようにしてください。

以前日本で、「風邪のときにお風呂に入ってはいけない」という風習があったのは、過去の日本の生活環境によるものが大きかったように思われます。自宅にお風呂場がある家庭は少なく、銭湯に行っても帰り道で湯冷めしてしまい風邪には好ましい状況ではありませんでした。

風邪の時にお風呂に入るメリット
◎ 汗を流すことでリフレッシュできる
◎ 血液、リンパの流れが良くなる
◎ 鼻や口を保湿することで、ウイルスの活動性を下げ粘膜保護する
◎ 鼻づまりの解消になる

お風呂に入ってはいけない症状
◎ 38度を超える高熱
入浴によりさらに体温が上昇するため、体力を消耗すると考えられます。高熱の際には体力を消耗しているので、意識が朦朧としたままお風呂に入ると、倒れてしまったり、ふらついた拍子に思わぬ怪我をする危険性があります。
◎ 嘔吐や深刻な下痢
水分を失いがちになっていますので、入浴でさらに汗をかくと脱水を助長させます。ウイルス性胃腸炎を伴う胃腸風邪の場合、入浴することで浴室が汚染され、家族に感染を拡大させる可能性があります。
◎ 悪寒
悪寒が出ている時は、今からさらに熱が上がるというサインなのでお風呂は控えましょう。
◎ 強い頭痛
お風呂に入ることで、血管を拡張させてしまうので、頭痛の症状が悪化する可能性があります。
◎ めまい、ふらつき
滑りやすい浴室で転倒する危険がありますので、お風呂は控えましょう。


風邪のときにはお風呂に入ってはいけないと思っていた友人がいたので調べてみました。上にあげた「お風呂に入ってはいけない症状」が出ていないような場合は、入っても良いと思います。私はどちらかというと、風邪のときにはむしろ積極的に風呂に入ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする