英国でも生卵が全面解禁 赤ちゃんも妊婦も食べてOK

英国でも生卵が全面解禁 赤ちゃんも妊婦も食べてOK
以下は、記事の抜粋と動画です。


英国ではこれまで生卵の安全性について、乳幼児や高齢者、妊婦は食べてはいけないと言われてきた。しかし英食品基準庁は10月11日、生産方法や衛生状態が改善したため、品質保証の「ブリティッシュ・ライオンマーク」がついた卵は、誰でも生で食べて大丈夫だと基準を変更した。英国では1988年12月、当時のエドウィナ・カリー保健相が「英国の卵はすべてサルモネラ菌に感染している」と発言し、卵の消費量が激減する騒ぎがあった。英国では前年、卵によるサルモネラ菌感染が20件以上起きていた。

 


ティラミスにも規制がかかっていたとは驚きました。東邦微生物病研究所のサイトには、「食品安全委員会が実施した研究事例では、日本全国から集めた市販の卵約10万個のうち、汚染されていたのは3検体でした。さらに、2万個の卵から汚染が検出されなかったとのデータも併せ、汚染の確率を0.0029%程度と推定しています。」と書かれていましたので、日本でも卵のサルモネラ感染はゼロではなく、高齢者の死亡例もあるようです(記事をみる)。

同じサイトに、重要そうなコメントがいくつかあったので以下に紹介します。


■ 購入した卵は、すぐに冷蔵庫へ入れること。
■ 冷蔵庫から取り出した後、調理のために割卵した卵は、室温下で放置しないようにする。
■ ヒビが入っている卵は、しっかり加熱して食べる。
■ 生卵を食べる場合、割卵は食べる直前にし、できるだけ早く食べ終えること。
■ 水で卵を洗ってから冷蔵庫に保管するのはダメ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 今なら
    http://www.s-kasahara.co.jp/hotate/index.html
    ホタテクトで洗えばいいかなと思いますけど?