「花粉症ゼロ」?

希望の党、衆院選公約を発表(全文1)3本の柱と希望への道しるべ12のゼロ
衆院選に向けて希望の党の公約が発表されました。1.消費税増税を凍結、2.原発ゼロ、3.憲法改正の議論が3本の柱で、あと「希望への道しるべ12のゼロ」といのがあります。以下はその12のゼロと10番目の「花粉症ゼロ」の説明です。


①原発ゼロ、②隠ぺいゼロ、③企業団体献金ゼロ、④待機児童ゼロ、⑤受動喫煙ゼロ、⑥満員電車ゼロ、⑦ペット殺処分ゼロ、⑧フードロスゼロ、⑨ブラック企業ゼロ、⑩花粉症ゼロ、⑪移動困難者ゼロ、⑫電柱ゼロ

次、10番目でございますが、花粉症ゼロ。とても身近な課題かと思いますけれども、これによりまして社会的なある種のロス、それを考えますと、多くの花粉症ゼロの方々、これをまず林や森などの問題から、根源的な問題から、さまざまな医療、医薬品などの開発なども含めて、花粉症ゼロというとても身近な課題、これについても取り上げてまいります。


他のはマアマア良いけど、「花粉症ゼロ」は無理だと思います。スギ花粉の場合も舌下免疫療法療法などの優れた治療が受けられるようになりましたが、それでもせいぜい8割の患者さんしか効果がありません。ゼロは無理です。さらに、ヒノキとかブタクサやその他マイナーな花粉を考えると、「花粉症ゼロ」は素人の戯言です。

私は安倍さんよりは小池さんを好ましく思っているので、このようないい加減な「希望の道しるべ」は残念です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする