白いザトウクジラ

全身が真っ白! 幻の「白いザトウクジラ」
最近、白いキリンを紹介しました。また、昨年には白いシャチと白いミナミセミクジラを紹介しました。今回は白いザトウクジラです。以下は、記事の抜粋です。


世界でも有名な白いザトウクジラの姿を、オーストラリア東岸沖で再び見ることができた。「ミガルー」と名付けられた白いクジラで、9月21日、シドニー沖を泳いでいるところをカメラに収められた。ミガルーは、オーストラリアの先住民族アボリジニの言葉で、「白い人」を意味する。オスのザトウクジラであるミガルーは1986年に生まれたと考えられている。

ミガルーの情報提供サイト「The White Whale Research Centre」によると、ミガルーの皮膚の色素が薄いのは、おそらく遺伝子の影響と思われる。だが、色素を作り出す力が完全に欠如しているアルビノ(先天性白皮症)かどうかは、はっきりしていない。アルビノではなく、白変種である可能性もある。大型のクジラであるザトウクジラは、体長約18メートル、体重約40トンにもなる。


記事以外の動画を探していたら、この「ミガルー」が皮膚がんを患っている可能性があるというニュースの動画を見つけたので以下に紹介します。皮膚にメラニンがないので、太陽の紫外線を受けすぎたのではないかなどと議論されています。

関連記事
白いキリン
白いシャチとクジラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする