金魚やコイにエサをやる鳥、理由は?

金魚にエサをやる鳥、理由は?

以下は、金魚やコイに鳥がエサをやるようにみえる動画です。

同じようにみえますが、記事の説明によると、上の動画では鳥が金魚をヒナと間違えてエサを与えているのに対して、下の動画では水鳥がヒトから与えられたペレット状のエサを水に浸して食べる際にコイが横取りしているそうです。

関連記事
賢いgreen heron(サギの一種):パンをマキ餌にして魚を獲る。
魚をエサに鳥を捕るシャチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あ* より:

    記事に書かれた「説明」とは、いわゆる
    「動物行動学」
    による知見でしょうか?

    何を根拠に、さような解釈をされたのか、気になります。
    私事でアレですが、私個人が動物行動学に最初に接したのは、
    アヒルさんの卵を盗んで、孵卵器で孵化させて、ヒナが顔を見せたら、動物行動学者が
    「こんにちは、赤ちゃん! 私がママよ…」
    検索すると、
    https://duckduckgo.com/?q=%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%80%81%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%EF%BC%81+%E7%A7%81%E3%81%8C%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%82%88&t=ffsb&atb=v60-5__&ia=web
    現在、「あなたの鳴き声」という表記まであり、この場合の「あなた」はアヒルなどの小動物なのかも知れません。…ということは、さておき、
    「こんにちは、赤ちゃん! 私がママよ…」
    とやると、アヒルの赤ちゃん=ヒナも信頼して、後を追うようになるという「動物行動学」的な知見、それを私が本で読んだのは、半世紀ほど前のことでした。幼稚園児ですね。これは、すごい、鶏でもアヒルでも卵を分けていただくのに、まず、孵卵器でヒナを誕生させて「こんにちは、赤ちゃん! 私がママよ…」とやると、鶏やアヒルの赤ちゃん=ヒナも信頼して、後を追うようになる…そうしたら、大きくなるまで大事に育てて、ときどき、卵を少し分けてもらっても「ちょっとだけならいいよ」って言ってもらえそうではありませんか?…という話を幼稚園の遊び友だちや、会う人会う人に話したところ、「そうだね」と言った人は父一人だけで、他の人は年齢に関係なく「ふ〜ん」「それがどうした?」「くだらん」「あんたもヒマねえ。もうちょっと役に立つことをしたら?」
    …という扱いでした。

    アヒルさんや鶏さんに卵を少し分けてもらっても「ちょっとだけならいいよ」って言ってもらえそう…っていうのが「あんたもヒマねえ。もうちょっと役に立つことをしたら?」という内容でしかない「役立たず」と評価されるのは、
    (1)動物行動学的な知見が世間様に理解されていなかったからなのでしょうか?
    (2)動物愛護の精神が世間様に浸透していなかったからなのでしょうか?
    (3)テンプル・グランディンのように、私の生まれつきが悪いのでしょうか?
    生まれつきが悪いのだとしても、私や私の子孫を殺害したり社会的に抹殺したりする権利が誰にあるのでしょうか?

  2. あ* より:

    補足です。実は、兄の専門が膠原病内科で(若い頃は)動物実験をやっていたのですが、実験用のマウス相手でも、マウスさんが実験者を「あなたが私のママね!」って思うようになってしまうと、実験者が思うように行動したり症状が出たりするので、実験は失敗してしまうのでした。
     これは何を意味するかというと、動物実験レベルでのエビデンスも不確定な要素が多すぎるということです。ましてや、ヒトをや。
    …というわけで、
    http://bit.ly/MIT-Jap
    たちに騙されてはならないのです。MIT-Japさんたちは、全然、騙す気なんかないでしょうけどねえ。バカ丸出し(=踊る阿呆に見る阿呆)です。

    「バカ丸出し」については、
    https://twitter.com/manbownewoption/status/896518676890828800
    をお見かけしたので、
    https://twitter.com/franoma/status/896520091281408000
    #海洋汚染 も進んでいますので、#人魚 になるという #ナラティブ #セラピー で #サバイバル ができるという #妄想 は「#バカ丸出し」です。#歴史的身体 が #ダメージ を受けて #早逝 したり、#健康な子孫 が残せなかったりするでしょう。
    8:53 AM – 13 Aug 2017
    とコメレスしました。

  3. あ* より:

    補足です。わかりにくいと言われましたので、
    前のコメント
    http://kunota506.com/2017/08/12/post-16896/#comment-1021
    で酷評したMIT-Japさんの動物実験では、虐待して外傷記憶を持たせたマウスの外傷記憶が「病原化」しているかどうかさえ確認できていませんので、根本からPTSDを理解していない人々の「なんちゃってエビデンス」ということです。
    と拙ブログ記事
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12301189637.html
    に解説をつけました。