コーヒーをたくさん飲む日本人は、お尻に近い部位での大腸がんが少ない…良い話です

日本人におけるコーヒー摂取と大腸癌の部位別リスク

以下は、記事の抜粋です。


愛知県がんセンターの中川氏らは、コーヒー摂取と大腸癌リスクに加え、解剖学的サブサイトごとのリスクとの関連を調べるため、日本人を対象とした2回の症例対照研究を実施した。

方法: 自己記入式質問票を用いて、コーヒー摂取を推定し、コーヒー摂取に伴う大腸癌のオッズ比を算定した。潜在的な交絡因子である年齢、喫煙、アルコール摂取、赤身肉の摂取、BMI、運動、大腸癌の家族歴、糖尿病歴で調整した。

結果: 大腸癌2,696人と、癌でない外来患者13,480人(対照群)を組み入れた。コーヒーを飲まない人と比較し、1日1杯未満、1日1-2杯、1日3杯以上摂取した場合の大腸癌に関するオッズ比は、それぞれ0.88(95%CI 0.77-1.00)、0.90(0.80-1.01)、0.78(0.65-0.92)であった(傾向P=0.009)。部位別の解析により、コーヒー摂取と遠位結腸癌間の有意な逆の線形傾向(傾向P=0.048)および直腸癌リスク低下の傾向(傾向P=0.068)が判明した。

結論: 本研究は、コーヒー摂取による大腸癌予防の可能性(主に遠位の結腸癌)を浮き彫りにした。


元論文のタイトルは、”Coffee consumption and the risk of colorectal cancer by anatomical subsite in Japan: Results from the HERPACC studies”です(論文をみる)。

これまでに紹介したいくつかの関連記事をみても、コーヒーは体に良さそうです。無理にたくさん飲み必要はないですが、飲みたい時にはいつでもコーヒーを飲みましょう。

関連記事
前立腺がんリスク減少にコーヒーが効果
コーヒーと緑茶摂取で死亡リスク低減?
コーヒーは長寿に関連している可能性も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あ* より:

    ご紹介の
    https://www.mdlinx.com/oncology/medical-news-article/2017/04/21/colorectal-cancer/7142332/
    ですが、私のところからはアクセスできませんでした。