隠したいニュース

昨日の記事で、上野のパンダ誕生でメディアがバカ騒ぎしている理由に、「そりゃ、ちょうど隠したいニュースがあったんでしょ」というコメントが一番人気であることを紹介しました。

そこで、今日はその隠したいニュースと思われるものを以下に紹介します。


加計問題の内部告発者、処分の可能性 義家副大臣が示唆
前川氏が激白「加計、森友問題では共通の司令塔が存在 菅官房長官への刑事告訴も検討」
前川氏が新証言 安倍官邸が安保法制反対の学者を”締出し” 天下り問題の”隠ぺい”


2つ目の記事にある「加計学園の件にしても産業遺産の件にしても、大がかりな仕掛けの中で、一見正当な手続きを踏んだかたちをとって、実態としては特定の件を特別扱いすることを正当化する。こういう手法がものすごく増えてきているように感じます」という前川氏のコメントがものすごく本当に聞こえます。

野党がダメという理由だけで、今の政権を認めないといけない現状をみると、自民党内の派閥同士が激しく競っていた中選挙区制の時代の方が、有能な政治家を育成する制度としては良かったような気がします。

はてなブックマークにあった1つ目の記事へのコメントを3つ紹介します。

●再調査も「何が真実か」ではなく「誰が裏切ったか」の調査でしかない、と|何が正しいか・真実かは本当に全く気にしてない。告発者は正否関係なく見せしめとして罰し、他者も萎縮させる。完全にヤクザの行動基準だよ

●安倍首相が述べた「前川氏はなぜ在職中に言わなかったのか」と言う疑問への答えが身内から出たね!良かったね!

●公益通報者は保護されるが、その人が公益通報者であるかどうかは国が決めるということか。実に日本らしい。

●いやー、中国・韓国・北朝鮮が嫌いな人が、自民党を支持してんだろうけど、やってることが、独裁国家になってくという矛盾。これは、まだ、告発してない人への威嚇だな。

関連記事
前次官出会い系バー相手女性が買春否定
読売御用新聞の「出会い系バー」記事による証言つぶし
文科省元幹部「天下り」あっせんを産む「支配する者とされる者」の関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする