統合失調症傾向が高いヒトは自分でくすぐってもくすぐったく感じる!?

なぜ自分で自分をくすぐることができないのか?という記事自体は良くわからない記事でしたが、その中に「幻覚症状を引き起こす神経疾患である統合失調症の人は、他の症状の間で、自分の行動に対する自覚が欠けています。彼らは実は自分をくすぐることができるのです。」という記載がありました。

本当かなと思って調べてみるとかなり多くの研究がありました。2000年に発表されたBlakemoreらの研究が最初のものだと思われます。論文総説がありました(論文要約をみる総説をみる)。幻聴のある統合失調症の患者では、自分と他人のくすぐりに対する反応がなかったという結果でした。

2016年のフランスのグループの論文は、統合失調症的パーソナリティーの正常人でも統合失調症患者と同様の反応が認められたと報告しています(論文要約をみる)。この研究者らは、統合失調症傾向が高いヒトは、自分でくすぐっても他の人にされるのと同じくらいくすぐったく感じると言っています。、、、本当かなあ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする