試験でスマホ使用可

大学入試にスマホを持ち込んで何が悪い! AIが囲碁将棋に勝つ時代、人間にはその先が求められている
以下は、記事の抜粋です。


大学入試の最中、なぜ受験生はスマートフォンを見てはいけないのでしょうか?

「そんなの当たり前だろ! カンニングになる」

なるほど、確かにそうかもしれません。でも、実際に大学合格した暁には、単位の多くはリポートで発給されますから、スマホどころか、インターネットを駆使して情報を集めて勉強するのではないですか?

「・・・」

それだったら、入試時点でも、全員平等に「スマホを使ってよろしい」として試験を実施したってよさそうなものです。部分的には人間よりはるかに優れた能力をもつシステムを、大学入学後は駆使して研究や仕事をするんだから・・・。


筆者が主張するような学部レベルの「大学入試」の途中でスマホをみても良いことにはなかなかならないと思いますが、医学や工学の大学院レベルの入試やIT企業の採用試験ならすぐにでもありだと思います。問題は採点する側の高いレベルが要求されることかもしれません。もちろん、通話は今のところ禁止すべきだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする