MAPキナーゼを「阻害しない」”modulator”がメラノーマの増殖を抑制…新規抗がん薬としての可能性

皮膚がん抑制する物質発見 近大、新薬開発に期待
以下は、記事の抜粋です。


皮膚がんの一種の悪性黒色腫(メラノーマ)細胞の増殖を抑える新たな化合物を発見したと、近畿大の杉浦麗子教授(ゲノム創薬)のチームが5月9日、発表した。正常な細胞への影響が少なく、副作用の少ない新規の抗がん剤開発につながる可能性があるとしている。

チームは、独自開発した化合物の探索システムを使い、MAPキナーゼの働きを調整できるものを調べた結果、「ACA-28」という化合物が見つかった。人のメラノーマ細胞を用いた培養実験で、ACA-28にはメラノーマ細胞の増殖を抑制したり、アポトーシスと呼ばれる細胞死を引き起こしたりする働きがあることが分かった。

杉浦教授は、ACA-28の臨床応用に向け、抗がん作用が起きる詳細な仕組みの解明や、人の体内で安定して効果を出せるかなどの課題を挙げ、「治療の選択肢の一つになるように研究を進める」と話した。


詳しくは、近畿大学のニュースリリースをご覧ください。この研究は、ヒトと類似した細胞内シグナル伝達機構をもつ分裂酵母という単細胞モデル生物を用いて、がん細胞の増殖に関わるシグナルの一つ「MAP キナーゼ」を調節する化合物の探索システムを開発したところがユニークです。このシステムで取得した新化合物「ACA-28」(下図)が、ヒトのメラノーマ細胞の増殖を抑制し、さらにはアポトーシス(細胞死の一種)を誘導することを発見しました。

おもしろいのは、このACA-28という化合物がMAPキナーゼの働きを阻害するのではないことです。これまでの抗がん剤はほとんどがrasやチロシンキナーゼなどのがん遺伝子産物の活性を阻害するものでした。おそらく、研究グループも最初はACA-28がMAPキナーゼ活性を阻害することを期待していたのでしょうが、研究は予想や期待を裏切るところに本当の宝物があります。

詳細なメカニズムはまだわからないですが、こうして発見された薬が最初の抗がん作用を持つMAPキナーゼ”modulator”として発展することを祈っています。