「熱中症に注意してください!!」と言いながらトイレが近くにない野外コンサート会場

連休中に熱中症で運ばれたヒトが多かったとする以下のような記事がありました。

熱中症で運ばれた人 全国で420人 5月第1週

記事中に熱中症の好発場所として「野外コンサート会場」というのがありました。私もいかにも熱中症が発生し易そうなコンサート会場を連休中に経験しました。

下の写真のように、出演者は日陰ですが、観客は直射日光を浴びています。去年も同じコンサートで熱中症患者が出たそうで、司会者は何度も何度も熱中症に気を付けるように観客に呼びかけていました。

しかし、この会場の近くにはトイレがなく、かなり離れたビルの中まで行って用を足す必要があります。給水設備も近くにはありませんでした。熱中症の最大のリスク要因は脱水で、トイレが遠いとヒトはおしっこに行かないために水を飲まないということを主催者に気が付いて欲しいと思いました。

記事によると、総務省消防庁は「この時期は体が暑さに慣れていないため、急な気温の上昇で熱中症になる。こまめに水分補給をするなど早めの対策を心がけてほしい」と話しているそうです。むしろ、各コンサート主催者に会場の近くにトイレと給水所を設けるように具体的な指導をすべきでしょう。