「平壌の高層ビルがハリボテ」というニュースについて

先日、友人が「平壌の高層ビルってハリボテらしいね。テレビが言うてた。」と言っていたので調べてみました。これは、4月13日に北朝鮮の平壌で高層住宅街「黎明通り」の完成記念式典が行われたましたが、15日あたりからこれらの高層ビルが片面だけのハリボテだとのツイッターが出回ったためと思われます。しかし、以下の3つの記事をみれば、これらのビルが形状は変わっていても通常のマンションなどと同じ厚みがあることと、このツイッターがデマで、テレビがデマを伝えたことがわかります。

「平壌高層ビル群がハリボテ」という方がガゼのフェイクニュース(2017.04.17)

『北朝鮮のビルはハリボテがデマ』の記事がいい加減すぎるのでちゃんと調べたら衝撃的な事実が分かった件(2017.04.17)

平壌の高層ビルと新しい目抜通りはハリボテだとする航空写真は別の場所だった。(2017.04.18)

そもそも、ニューヨークのエンパイアステートビルが80年以上も前に竣工したことを考えれば、高層ビルを建てることは難しい建築技術ではありません。背が高くて薄っぺらいハリボテを建てる方が難しいと思います。金正恩はもちろん好きではありませんが、日本をむやみに自慢したり、DNA配列のよく似た人々が住む隣国を根拠もなくバカにするのは好きではありません。

コメント

  1. 「ハリボテ」は、上海に多いらしいと聞いています。
    発泡スチロールを使っているので、
    火災にも物理的衝撃にも弱いそうです。
    これも、ガセなんですかね?

    どうも、お邪魔しました。

  2. 匿名 より:

    列島と半島ではDNA配列は大きく違いますよ
    勿論半島と同じ形質の遺伝子は日本にも存在していますが其の逆は有りません。
    日本人はチベットやアンダンマン諸島の人々とは近いですが他の地域とは隔絶しています。