閉経前の女性に対する乳がん検診はメリットよりもリスクが多い

「マンモで発見できず」乳がん検診変わる?
この記事では、乳がん検診はマンモグラフィーだけでは不十分なので、マンモグラフィーと超音波検査を組み合わせる検診に変わるように書いていますが、本当にそれでよいのでしょうか?

最近の記事でも書いたように、乳がんは1つの病気ではなく、原因や予後がまったく異なる10種類近くに分類され、若い女性の乳がんと中高年に多い通常の乳がんとは、ほとんど別の病気と言っても良いぐらいです。

マンモグラフィーによる検査には、がんを発見するメリットがある一方、陽性となった場合の過剰診断や過剰治療、放射線被ばくによるリスクもあるため、リスクとメリットのバランスが不確かです。

閉経前の女性の場合、乳房組織密度が高いので「吹雪の中のシロクマ」のように乳がんの発見が難しいとされています。陽性となった場合の過剰診断や過剰治療、放射線被ばくによるリスクもあります。

これらの理由からWHOは、「マンモグラフィーによる検診で患者にメリットがあるのは50~59歳のみ」という見解を示しています。上の記事に書かれているマンモグラフィーと超音波の組み合わせについてもまだ推奨していません。

以前にも書きましたが、現状の過剰診断や過剰治療がほとんど問題にされておらず、キャンペーンのスポンサーの利益相反もまだまだ見過ごされています。キャンペーンの結果、治療や検査が増えれば、キャンペーンスポンサーの製薬会社や検査会社の利益が増えます。

長年の「ピンクリボン運動」にもかかわらず、乳がんによる死亡はほんの少ししか減少していません。早期発見キャンペーンのために、多くの女性が不必要な治療を受けているかもしれません。以前TBSが推進していた「20‐30代女性に限定した乳がん検診」は疑いなくメリットよりもリスクが多いと思われます。

関連記事
乳がんは1つの病気ではなく、原因や予後がまったく異なる多くの種類の病気から成り立つ症候群です
「若年性乳がん」の発見のためにマンモグラフィーによる検診を推進してはいけない
日本では推奨されるマンモグラフィー:「検診で患者にメリットがあるのは50~59歳のみ」WHO見解
乳がん:早期発見キャンペーンの不都合な真実