「権力者の嘘はバレにくい」を思い出した

権力者の嘘はバレにくい

最近のニュースをみて、上の記事を思い出しました。

非権力者は、嘘を着いた場合に「羞恥」が顔に出たり「早口」になったり、唾液中の副腎皮質ホルモンが上昇したりするが、権力者は表情や行動だけではなくホルモン値の上昇も認められないという話です。「権力者は、嘘をつくときに『罪の意識』、『心の負担』や『生理的ストレス』を感じないので、より楽に、より強く、かつより頻繁に嘘をつくかもしれない」さらに、「権力者の嘘は見抜きにくい」というのが論文の結論です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする