インフルエンザ治療薬、胎児への有害性ない

インフルエンザ治療薬、胎児への有害性ない

以下は、記事の抜粋です。


妊娠中の女性がインフルエンザ治療薬を服用しても胎児には害がないとする調査研究の結果が3月1日、発表された。

研究では、インフルエンザウイルスによる感染症で用いられる治療薬、タミフルやリレンザとして知られる、オセルタミビルやザナミビルの妊娠中の服用による潜在的リスクについて調べた。

研究チームは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フランスで2008年から2010年の間にオセルタミビルやザナミビルを処方された妊娠女性約6000人と、処方されなかった妊娠女性約70万人を比較した。これは、過去最大規模。

その結果、年齢や喫煙習慣、他の薬の使用などの要因を加味しても、有害な結果をもたらすリスクの増大については確認できなかった。ここでの「有害な結果」とは、低出生体重、早産、死産、出生異常などを含む。逆に、ノイラミニダーゼ阻害薬として知られるタミフルやリレンザを処方された母親の子どもが低体重となりにくい傾向がみられたという。

多くの医療監視機関はこれまで、妊娠期間中の服用については安全性とその効果をめぐる知識が限られているとしながら、これら治療薬の使用を推奨していた。今回の調査研究は、こういった現状の改善を目的に行われた。


元論文のタイトルは、”Neuraminidase inhibitors during pregnancy and risk of adverse neonatal outcomes and congenital malformations: population based European register study”です(論文をみる)。

日本産科婦人科学会は、かなり前から以下のようなQ&Aを公開しています(Q&Aをみる)。


Q5:抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)は胎児に大きな異常を引き起こすことはないのでしょうか?

A5:昨シーズン、多数の妊婦(推定で4万人程度)が抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)を服用しましたが、胎児に問題があったとの報告はあがってきていません。


Q&Aには、「妊婦は非妊婦に比して、インフルエンザに罹患した場合、重症化しやすい」とも書かれており、全体として強くノイラミニダーゼ阻害薬の妊婦への投与を推奨している論調です。学会のガイドラインやQ&Aがこんなにいい加減なものとは思いませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする