「チョコレートは健康によい」は本当か?

「チョコレートは健康によい」は本当か?

以下は、記事の抜粋です。


チョコレートに含まれるカカオは実際に身体によいという新たな裏づけが得られたことが報告された。ただし、チョコレートによる日常の健康への影響は不明であり、利益が害を上回る摂取量や種類についても明確にされていない。

研究著者である米ブラウン大学のXiaochen Lin氏らは、計1,131人の被験者にフラバノール(健康に有益とされるカカオの成分)またはプラセボのいずれかを摂取させた19件の対照試験をメタ解析した。フラバノール群の被験者は、1日166~2,110mgのフラバノールを2週間~1年間にわたり摂取していた。 なお、標準的なチョコレート製品にはこの用量のフラバノールは含まれていない。

解析の結果、カカオフラバノールを含む食品を摂取した群では、トリグリセリド値が低いことが判明した。また、炎症や血糖値をコントロールする能力の向上が示されたほか、「善玉」コレステロール値にもやや上昇がみられた。 これらの差は「軽度~中等度」であったものの、統計的に有意であった。

しかし、チョコレートが健康に実益をもたらすのかどうかは明らかになっておらず、長期的な影響についてはさらに研究を重ねる必要があると、研究者らは述べている。

ほとんどのは、カカオの含有率が高く(60%以上)、砂糖は少ないか、全く含まれていないダークチョコレートを対象としたものなので、今回の知見を、砂糖や脂肪分の量が異なる他のチョコレート菓子に一般化すべきではないと、研究共著者のSimin Liu氏は指摘している。


カカオの含有率が高く、砂糖は入っていない不味いチョコレートは別として、普通のチョコレートは単に砂糖と飽和脂肪酸を含む普通の食品として考えるべきで、健康効果を謳うのはどちらかと言えば、「薬事法違反」だと思います。

関連記事
飽和脂肪酸の摂取量が高いと冠動脈性心疾患が増加する
「チョコレートがダイエットに効果的」は嘘だった!
チョコレートに健康効果 血圧低下やコレステロール値改善―これも「差し止め」たら?
「チョコレートは薬」? 血圧が下がる効果を実証――これって、薬事法違反では?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする