レーザーで簡単に有精鶏卵の♀♂を判別する技術、抱卵4日目で判別、オス雛の殺処分廃止も可能に

レーザーで簡単に「ひよこ選別」する技術が開発、暖めはじめて4日目で判別可能に。普及すればオス雛の殺処分廃止も可能に

以下は、記事の抜粋です。


独ドレスデン工科大学とリトアニア・ヴィリニュス大学の研究チームが、鶏の有精卵にレーザーを当て、雌雄を見分ける技術を開発しました。 この技術では、孵卵器で暖めはじめて4日後の有精卵に赤外線レーザーを照射し、胚の中の血液の蛍光の具合からオスとメスを判別します。

研究チームによると、380個の有精卵について試験をしたところ、93%の確率で正しくオスとメスを分類できたとのこと。

実際のところ採卵養鶏では、生まれてきた雛をオスかメスかで選別し、卵を産まないオスの雛はそのまま殺処分に回されてしまいます。日本では年間約1億羽のオスの雛がその場で処分されている計算です。

オス雛の殺処分の方法は粉砕機にそのまま投入したり、ガスで窒息させたりというもの。レーザーによる4日目の検卵技術が普及すれば、少なくともニワトリはオスとして生まれて来る前に、痛みや苦しみを与えず天に返してやれるようになるはず。


元論文のタイトルは、”In ovo sexing of chicken eggs by fluorescence spectroscopy”です(論文を見る)。

ヒヨコの♀♂を判別するのは極めて難しいため、「初生雛鑑別師」という民間資格があるほどです(サイトをみる)。こういう資格も消えてしまうのでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする