「ミキサー車を巨大ミラーボールに改造」…リヨン「光の祭典」

「ミキサー車を巨大ミラーボールに改造して回したら…どうなる?」→こうなる(動画)

以下は、記事の抜粋と動画です。


「コンクリートミキサー車のミキシング・ドラム部分をミラーボールにして回したら、どんなことになるのだろう?」。以前からこの疑問が頭を離れなかったと語るのは、フランス人アーティストのベネディット・ブファリーノさん。そしてついにリヨンの建設現場で、実現する日がやってきました。動画をご覧ください。


建設現場かどうかはわかりませんが、これはフランスのリヨンで行われた”Fête des Lumières(光の祭典)”の展示作品の1つです。この「巨大ミラーボール」を含む多くの作品が紹介されている動画があります(動画をみる)。時間のない方はタイムラプス動画をどうぞ。

「光の祭典」の紹介には、「期間中、リヨン市内の約75ヵ所(2014年)で厳しい審査を通過したアーティストたちの作品がその美しさ、斬新さを競い合います。」とありますので、上のミキサー車も厳しい審査を通過したのでしょう。

これだと、作品がリヨンの街中に散らばっているので、400万人が来ても地元商店などの被害は少なく、むしろ歓迎されるのではないでしょうか?ルミナリエの方向性を考える上で参考にしてはどうかと思いました。

関連記事
神戸ルミナリエ 「もう見直してもいいのでは」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする