「仮面高血圧」中年成人の16%にみられる

「仮面高血圧」中年成人の16%にみられる

以下は、記事の抜粋です。


診察室では正常血圧だが、それ以外で血圧が上昇する「仮面高血圧」。この病態を検出する最良の方法は、小型のモニタリング機器を24時間装着することだとされている。

「Circulation」12月6日号に掲載された研究報告によると、診察室で「正常」血圧である人のうち約16%は、24時間モニタリングで「仮面高血圧」であることが判明したという。

ストーニーブルック大学のJoseph Schwartz氏らは、健康な中年成人約900人を対象として、診察室血圧を3回の受診時に各3回、計9回にわたり測定し、さらに24時間自由行動下血圧測定により30分ごとの24時間測定も行った。対象者は全員、降圧薬は使用しておらず、平均年齢は45歳、約80%が白人だった。

研究の結果、診察室血圧が正常であった対象者のうち16%弱は、覚醒時自由行動下血圧の平均値に基づく高血圧の基準を満たしていた。自由行動下血圧は診察室血圧に比べて、収縮期血圧では平均約7 mmHg、拡張期血圧では約2mmHg高かった。対象者の3分の1以上は、24時間収縮期血圧が診察室血圧よりも10 mmHg高かった。10分の1では拡張期血圧が同様に高かった。

Schwartz氏は、「高血圧の治療を受けていない人の場合、自由行動下血圧は通常、診察室血圧よりも高いことが示唆された」と話している。


元論文のタイトルは、”Clinic Blood Pressure Underestimates Ambulatory Blood Pressure in an Untreated Employer-Based US Population”です(論文をみる)。

自由行動下血圧(Ambulatory blood pressure)は診察室血圧よりも心血管死亡や全死亡の優れた予測因子であると考えられており、一般には自由行動下血圧の方が診察室血圧よりも低いと考えられているけれども、そうではないという論文です。

とは言うものの、全員に24時間血圧をモニターしてもらう訳にもいかないので、やはり家庭での血圧測定をきっちりして報告してもらうしかないような気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする