風邪のひきはじめに葛根湯は効くか?…そんな気がするだけ

風邪のひきはじめに葛根湯は効くか?

以下は、記事の抜粋です。


風邪に対して漢方薬が処方されることがあります。一番メジャーなのが葛根湯でしょう。風邪のひきはじめに葛根湯を飲むと効果があるという主張もありますが、どうやったら検証できるでしょうか。

ひきはじめの風邪に対する葛根湯の効果を検証した、2014年に発表された日本の研究があります。この研究では、18歳から65歳までの風邪症状を感じて48時間以内の患者さんをランダムに二群に分け、一方に葛根湯を、もう一方に一般的な総合感冒薬(葛根湯と同じく薬局で買えるもの)をほぼ4日間飲んでもらって、風邪が悪化した患者さんの数を比較しています。

結果は、葛根湯群では168名中38名(22.6%)、総合感冒薬群172名中43名(25.0%)が風邪が悪化しました。葛根湯群で若干少ないように見えますが、統計学的有意差はありません。

著者らは「葛根湯は初期の段階で処方した場合でさえ、総合感冒薬に比べ、風邪症状の悪化を有意に防止しなかった」と結論しています。

結論を言うと、風邪のひきはじめに飲んで風邪の悪化を予防すると証明された薬はいまのところありません。葛根湯でも総合感冒薬でも、あるいは薬を飲まなくても、おそらく大差はありません。


「葛根湯」の主成分の麻黄には、アンフェタミンと良く似たエフェドリンが成分として多く含まれています。アンフェタミンは、ノリピー、ASKA、清原などが所持していたために逮捕された「覚せい剤」の1つです。

エフェドリンはアンフェタミンと同様に、気管支に働いて拡張させることで呼吸を楽にするだけではなく、覚せい剤ほどではないにしろ、同じように脳内でドーパミンのように働いて興奮や快感をもたらします。これで、風邪が良くなったように感じるのではないでしょうか。ひきはじめに効く…そんなことはないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あ* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「気分がへたらないで済む」=プラセボということですね。
    実は私は風邪を引くのは数年に一度くらいで、生まれてからまだ10回にも達しませんので、自分の体感を試すことはできませんが、内科医の兄は普通に風邪を引くので(身体に悪い総合感冒薬などは避けて)葛根湯などを飲んでいるようです。
    特に身体に悪い訳ではない葛根湯でも「気分がへたらないで済む」というだけであれば、熱が出て苦しいときは「心頭滅却して」対処したら良いのでは?…と訊いてみようかと思いました。節約になりますから。何しろ、空調なんか普通の家にはなかった時代に、父がステテコ一丁で「暑い~」と言ったら、子どもだった兄は(見ている方が暑苦しく感じるような黒長ズボンに靴下を履き…←春夏秋冬、素足にならない…失礼だから)「心頭滅却すれば火もまた涼しと言います。そんな格好で恥ずかしくないのですか」と言ったのです。父は「だって、暑いんだもーん」。母は「しまった、きちっと育てすぎた…」と言いました。私は「後悔先に立たず」と思いました。悪いから言わなかったけど。「沈黙は金」ですよね。
    「気分がへたらないで済む」ことは大事ですね。なので、「アスペ」ラベリングや「AD〇D」ラベリングで子どもに攻撃をかけてくる「専門家」は社会の害毒ですね。これは「沈黙は金」ではなく愚息はじめ少なからぬ子どもたちが実害を受けており、隠れ虐待と心理操作をやりまくり、集団ストーカー行為を組織してきた「専門家」が跋扈してPTSD発症リスクを発生させていますから、黙って看過するとPTSDを発症します。困りますね。

  2. テツ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    これはこれとしてそういう結果が出たのは事実なのでしょうが、
    確か前に、やはり葛根湯vs総合感冒薬で、「使うなら葛根湯の方がマシ」って結論の臨床論文が出ていたような気が…?
    有意差がどうのこうのの重要さをまだ知らなかった頃で、信じるに値するかは覚えていませんが。

  3. 匿名 より:

    ここまで、楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。麻黄について、1点指摘いたします。私は、の初期段階で、麻黄湯(麻黄+甘草)を飲むと、発熱、発汗して、その結果風邪が早く治ることがあります。すなわち、熱が出るべき場面で熱が出ない場合、薬が代わりに熱を出してくれるということです。一個人の経験ですが、効能にも、同様のことが書かれており、単に気持ちがいいとは異なる機序があると思います。葛根湯の麻黄の効果も同じだと思います。