「3.9+5.1=9.0」は不正解???

「3.9+5.1=9.0」は不正解!茂木健一郎「小学校算数の奇習は子どもに対する虐待」

以下は、記事の抜粋と採点された答案です。


昨日、小学校の算数のテストで、「3.9+5.1=9.0」と書いたら、減点されたというツイートが流れてきて、とてもびっくりした。これははっきり言って一種の子どもに対する「虐待」である。

ある程度数学がわかっている人にとっては、「小数点問題」はトリビアルに意味がないから「瞬殺」の話し(議論する必要すらない)であるが、小学校の算数で、そのような奇習がまかり通っていることは国の恥と言うべきことだろう。

問題は、瞬殺されるような間違いを、現場の先生方の一部、さらに驚くことには教科書会社の一部が子どもたちに強制しているということ。

いずれにせよ、小学校の算数において、奇妙な「正解」を押し付けるのは、子どもの精神に対する虐待であり、許されることではない。そのような、数学的にトリビアルな奇習を押し付けている小学校教育界の「権威」(笑)の人たちは、自分たちの愚鈍を恥じ、反省し、改めて欲しいと思う。


有効数字の考えからすると、むしろ3.9+5.1=9は誤りで3.9+5.1=9.0が正解です。私の場合、中高の数学の先生は物理出身の人だったためか、有効数字を整えることに厳しい人でした。 今から考えると正しい教えだったと思います。

文科省の回答も「減点は教員・学校の裁量次第」だそうで、全然逃げ腰です。こういう教育が非論理的な思考しかできないヒトを増やしているのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あ* より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「文科省の回答も「減点は教員・学校の裁量次第」だそうで、全然逃げ腰です。こういう教育が非論理的な思考しかできないヒトを増やしている」
    という点に同感です。困りますね。
    ついでに、そういうことを指摘すると「アスペ」ラベリングをされてしまうので、危険です。
    どうも、お邪魔しました。