メガネのネジがすぐに緩む場合の解決法

眼鏡の折り曲げ部分のネジがすぐに緩みます。

私も同じ問題で困っていました。以下は、「Yahoo知恵袋」での質問と答えです。


Q:眼鏡の折り曲げ部分のネジがすぐに緩みます。いっそのこと曲がらなくて見いいからガッチリとしてほしいとも思っています。何かいい方法はないでしょうか?

A:私も同じ経験が何度かあります。ゆるむ方の蝶番とゆるまない方の蝶番を見比べてみると、ゆるむ方は蝶番を動かす度にネジも回ってしまっている事が判ります。これは蝶番同士が摩擦してしまっているためです。一旦、精密ドライバーで蝶番のネジを抜いて、蝶番部分に機械油をさしてから、再びネジを入れてみて下さい。なお、細かい作業が苦手な場合は、メガネ屋さんへ持っていかれる事をお薦めします。


メガネのネジが緩んで抜けそうになることについての記事はネット上にもたくさんありますが、ほとんどは100均で売っている小さなネジ回しで締めたら良いとか、何度も緩むならメガネ屋に持って行けとかいう記事ばかりです。

私の場合、ネットで買ったメガネなのでメガネ屋に持っていく訳にもいかず、100均で買ってきた小さなネジ回しで何度締めてもすぐに緩んで困っていました。締め方が足りないと思って強く締めてもダメでした。これでネジ山をつぶしそうになっていました。ほとんど諦めかけていた時に偶然上の記事を見つけました。

上の記事で太字にした部分が重要な事実です。私のメガネの場合は、右側のネジだけが緩みやすく、蝶番を動かしてみるとネジも回っていました。左側の緩まないネジは、蝶番を動かしても回りませんでした。そこでクレ5-56を蝶番につけて滑りを良くしてみたら、右のネジは回らなくなり、緩まなくなりました。

最近で一番うれしかった発見です。