傷を早く治したいときの食事内容

傷を治したいときに摂るべき栄養素

以下は、記事の抜粋です。


傷を治すために、身体はビタミン、蛋白、ミネラルなどの必須栄養素を必要とします。そのため、食事も治療の一部といえます。以下の助言に従って、自然治癒力を高める栄養素を摂りましょう。

・蛋白質、野菜、果物、乳製品、穀類をバランスよく取り入れながら十分なカロリーを摂取しましょう。
・蛋白質が不足しないようにしましょう。少なくとも1回の食事で20~30g、軽食では10~15gの蛋白質を摂取しましょう。
・脱水状態にならないよう、水分を十分に摂りましょう。その場合、低脂肪乳、水、お茶、100%果汁、その他の無糖飲料などを選ぶとよいでしょう。
・特別なケアや食事療法が必要な傷がある場合は、管理栄養士に相談しましょう。
・糖尿病がある場合、傷の治癒を促進するためには疾患をコントロールする必要があります。主治医や管理栄養士の助けを借りて、しっかり血糖管理をしましょう。


元記事のタイトルは、”5 Nutrition Tips to Promote Wound Healing”です(記事をみる)。元記事は2015年の7月に掲載されています。なぜ、HealthDayが最近になって初めて紹介したのかわかりません。

風邪をひいた時も同じような食事で良いのかなと考えて、しっかりカロリーと蛋白質などを摂っていますが、なかなか治りません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする