満園春餅・極薄の春餅

春餅は中国東北料理の一つで、小麦粉を水で溶いて、円形に薄く焼いたものに、肉、野菜などを炒めたものを包んで食べるものです。以下の写真は中国医科大学の第一医院から歩いて10分ぐらいで行ける太原街万达店に行った時のものです。男性の店員の多くは清時代の髪型を模した帽子をかぶったり、パフォーマンスをしたりで、店内は極めて賑やかでした。
ここの春餅は店名にもあるように極めて薄いのが特徴です。私は、下の写真の右端に写っている北京ダックのように味付けした肉と香采(パクチー)などの野菜を混ぜたものを挟むのが一番気に入りました。
2016-shen05
2016-shen06

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする