ドローンで撮影したシロナガスクジラの捕食映像

クジラの捕食、ドローン使った貴重な鮮明映像
以下は、記事の抜粋と動画です。


ニュージーランドのオークランド工科大学の研究チームが、ドローンを使ったシロナガスクジラの貴重な映像の撮影に成功した。オークランド沿岸で4月に撮影された映像には、大人と子どものシロナガスクジラが戯れる様子や、大量の海水と一緒にプランクトンや小魚を口に入れる様子が映っている。ドローンを用いることで、クジラの活動を邪魔することなく撮影が可能となり、同大学の研究員によると、船を使った調査ではここまで詳細な映像を撮影することは不可能という。


シロナガスクジラは、体長20-34m、体重80-190tで、地球上に現存する最大の動物です。「上あごと下あごが軟骨のみで繋がっているため、直径10メートル近く口をあけることができる」とWikiに書いてありますが、この動画をみてその使い方がよくわかりました。横に泳ぎながら口を開くのが興味深いです。