Sekoi = Dark Side of Mottainai

舛添氏「せこい」=都知事辞職で米紙
以下は、記事の抜粋です。


ニューヨーク・タイムズは6月15日、舛添要一東京都知事が政治資金流用などの疑惑で辞職を決めたことについて「sekoi(せこい)」という日本語を紹介しつつ報じた。

タイムズ紙は、舛添氏が「たった数ドルの漫画本」などを政治資金で購入していたと説明。同氏を「あまりにもせこ過ぎる」と批判した自民党の神林茂都議の発言を引用し、「今回のエピソードを言い表すのに最も頻繁に使われた言葉は恐らく『せこい』だろう」と指摘した。


以下は、”Tokyo Governor, Yoichi Masuzoe, Resigns Over Spending Scandal”というNew York Timesの記事からの抜粋です(記事をみる)。


The word that has perhaps been most frequently used to describe the episode is sekoi, meaning cheap or petty.

“I’m angry. This is sekoi — too sekoi,” Shigeru Kamibayashi, a member of the assembly from the right-leaning Liberal Democratic Party, where Mr. Masuzoe has spent most of his political career and which supported his bid for governor, said after the lawyers issued their report.


どうでも良い話だけど、「はてなブックマーク」に寄せられたコメントに「Sekoi = Dark Side of Mottainai」というのがあって、記事の「cheap or petty」よりも適切だと思いました(コメントををみる)。それだけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする